Fate/ms.s

   第6話『会合〜再び〜』      by風来坊さん








「さて衛宮君?説明してくれるかしら?」

「待て遠坂、何か怒ってないか?」

「あら、衛宮君には私が怒ってるように見えるの?」

「イヤナンデモナイデスハイ」

赤い悪魔が光臨なされた……。

ううう……神よ俺が何をした?

「シロウ」

「何だセイバー?いまちょっとヤバイんだが」

「彼女は何故怒っているのだ?」

「怒ってなんか無いわよ馬鹿士郎ーーーーー!!」

「理不尽……なんでさあああああ!?」

クククゥ……首絞まってウウウ……

「遠坂ギブギブ首絞まって……ゲホゲホ」

「さーゆっくり説明して貰えるかしら?」

「ゲホゲホ……最初からそのつもりだって」

「まず一つ聞くけど何故貴方勝手にサーヴァント呼び出してるの?」

「それは……」

「まあ、貴方のことだから、大方言いつけ破って昨日の夜見回りして、

  サーヴァントに襲われて咄嗟に召喚しちゃったって所かしら?」

「うっ……」

大当たりです、本当に遠坂(赤い悪魔)には勝てない……

「その反応からして全部当たりね?

  まったくへっぽこの癖に正義感は人一倍だからどうしようもないわね」

「ううう……」

「シロウ」

「何だセイバー?」

「私の事は私から説明する許可を願いたい」

「ああ、分かったよセイバー」

「了承感謝する。それではメイガス」

「遠坂凛よ、セイバー。好きに呼んで構わないからメイガスって言うのは止めてもらえない?」

「了解した。トオサカリンか、良い響きの名だ。ならばリンと呼ばせてもらおう」

「うっ……」

遠坂が絶句した……恐るべしセイバーそれは素なのか?狙ってなのか?

「それで良いわセイバー」

「では、リン。私はシロウに呼ばれたサーヴァントでありクラスはセイバー」

「ええ、其処までは良いわ、でも貴方どう見ても人間の英霊には見えないんだけど?」

「それは私がMS(モビルスーツ)だからだ」

「MS〜?」

「MSとは……」

二人の会話になってしまったな……あ、遠坂頭から煙が。

仕方ないか電化製品すら分からない機械音痴の遠坂だからな〜……。

ミノフスキーとか何とか聞いてても理解してなさそうだし……

「先輩……」

「なんだ桜?」

「先輩は……また戦うんですか?」

「そうだな……」

正直戦いたくは無い、だけどまたこの戦争で傷ついていく人達を救いたいしそれに……

「戦うさ……でもそれは守るためだ、誰かを巻き込んで傷つけないように、

  そして他人を傷つけようとする連中からこの町を守りたい」

「…………」

くう……っと桜は黙ってしまった、俺何かやばいこと喋ったか?

「どうした桜?調子が悪いなら部屋に連れて行くが?」

「いいえ……何でもありません」

むう……やはり魔力が少なくなってきたからか調子が悪そうだな……

「さて、士郎」

「何だ遠坂?」

「貴方も聞いといたほうが良い事があるわよ?」

「?」

「セイバー最後の質問なんだけど、貴方聖杯をたとえば手に入れたとして何を望むの?」

「了解したリン、そうだな……望みらしい望みは無い、だが望み自体はあると言うかな」

「……?どう言うことだセイバー?」

「私の願いは聖杯などで叶えても意味を成さないものだからだ。

  私の故郷の人々は戦争……宇宙戦争を何年にも長くにかけて行なってしまった。

  それは人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させてしまったことからさかのぼる」

「待ったセイバー、真名を遠坂に教えたのか?」

「教えた、反応からしてやはりこの世界では私の真名は公開しても意味を成さないだろう」

それはそうだ……ガンダムって言ったところで何が分かるかは、そんなの無いに等しい。

「続きを良いか?」

「ウッ……なるべく手短に頼むセイバー……」

すごく長くなりそうだから……

「善処する。移民の後、ジオン公国なる国が建てられた。

  コロニー(人工衛星)サイド3と言うのだが、そこが地球に戦争を……」

長々と話すセイバー……話が好きなのか?

「つまり私の望みは私の地球の人々が自らで平和を手にする、と言う事だ。」

長かった……ゆうに1時間は話していた……でもやっと最後に本命を聞けた。

「つまりセイバーは聖杯に望むことは無いと言うことね?」

「そうなるな」

流石の遠坂も疲れてるな……だけど、

「遠坂、疲れてるところ悪いんだが桜を連れて魔力補給の実験をしてくれないか?」

「そうね……これ以上時間を消費するのもなんだし……私もサーヴァントを呼んでみるわ」

「遠坂……参加する気か?」

「当たり前じゃない、不詳の弟子と妹の命がかかってるんだからね。

  戦力は多いほうが良いし、その場合セイバーと共同戦線を張ることにしたいんだけど良いかしらセイバー?」

「私は一向に構わないが、そう言うのは普通シロウに言うべきなのでは?」

「え?衛宮君は私の弟子なんだから協力するのは当たり前でしょ?」

ヒドイ……まあ否定はしないけど……

「なら士郎、またあの部屋使わせて貰うわよ?」

「……ああ、分かった」

色々思うところがあるのだが、多分言っても却下であろう……

「なら桜ついてきて、魔力補給を試してみるから」

「はい……姉さん」

っ……今姉さんって……そうか、でも……

「桜」

「何ですか先輩?」

「終わったらゆっくり休むんだぞ」

「……はい!」

言いたいことがあったけど今の返事なら問題ないだろう。

それに何だかんだ言ってもやっぱり姉妹なんだろう。

「シロウ」

「何だセイバー?」

「良い師匠をシロウは持った。それは貴重だと私は思う」

「分かてるさセイバー」

「しかし、今後は難しい方針になりそうだぞ……」

「……?なんでだ?」

「いや……先ほどまでのリンとのやり取りで分かった事だが、

  やはりこの世界は私の世界とはかけ離れすぎていて私はそう自由に動くことは出来ない。

  しかし敵の位置を早急に特定しなければ桜と言う者はもう持たないであろう?」

「慎二から聞いたMip開発というのはどうなんだ?」

「確証を持ちたいが……やはり動けるのは深夜になりそうだ。

  昼の偵察を私が行えないのが口惜しい……」

クッ……っと言葉を噛むセイバー

「気持ちは嬉しいがセイバー。無理は良くないと思うぞ。

  それに以前の聖杯戦争でも俺のサーヴァント……

  まあセイバーだったんだが基本的に夜しか見回りできなかったぞ?」

「それでも昼に門の外に出るくらいは出来たはずだ。

  私は門の外どころか家の中でも他人と合う事自体が問題になるのだ」

ウッ……たしかに……

「確かに夜の見回りはすべきだ。

  だが積み立てとなる昼の行動制限は著しく範囲を狭めるはずだ、そこでシロウに提案があるのだが」

「何だ?」

「この家にも情報端末がいくつかあったはずだ、

  その内でインターネットと呼ばれている情報端末の使用を許可願いたい」

「むっ……セイバー、すまないが家にはインターネットはとっていないんだ」

「問題ないシロウ、私の情報端末機器を使用すれば必要な情報収集は出来る」

「そうか……なら頼むセイバー」

「それについて問題が一つ」

「何だ?」

「その作業中は電話なる機器は使用不可能になるが構わないか?」

「うっ……まあいい、今は情報の方が大切だ。やってくれ、セイバー」

「いい判断だシロウ。ならば作業にとりかかる、

  そのためと言ってはなんだが今日は夜の見回りは中止にしても構わないか?」

「仕方ないだろう、それに桜のことも気になるしな」

「了解した。早速作業に着手する」

さてと、俺は食器洗いでもするか……




続く






Next

Back

GIFTTopへ

indexへ