マリふぁて        〜アーチャーの場合〜


 No.1 「祐巳の場合・1」  アーチャー「……私はダジャレで呼ばれたのか?」  祐巳   「?」  No.2 「祐巳の場合・2」  アーチャー「同じツインテールでこうも違うものか……」  祐巳   「そんなに酷かったの?」  アーチャー「ああ……暴言は吐くわ無茶は言うわ家事を押し付けてくるわ……        しまいには……ゲイバーで働けと……!!」(男泣き)  祐巳   「……よ、よかったら私髪型変えようか……?」  No.3 「祥子の場合・1」  祥子   「素晴らしいわ。こんなに美味しい紅茶は初めてよ、アーチャー」  アーチャー「お褒めに預かり光栄だ」  清子   「この煮物も美味しいわ」  アーチャー「おっと……マスター、そろそろ登校の時間だが」  祥子   「ええ、行きましょうか」  使用人、形無し。  No.4 「祥子の場合・2」  祥子   「太ってしまったじゃないのーーーー!!」  アーチャー「そ、それは私の責任ではない!!」  No.5 「蓉子の場合」  蓉子   「待ったかしら?」  アーチャー「いや、それほどでもない」  蓉子   「それにしても助かるわ。声をかけてくる男の人の多いこと多いこと」  アーチャー(注目の度合いは以前よりも増している気がするがな……)  No.6 「由乃の場合」  アーチャー「投影、開始」  由乃   「お、沖田総司の菊一文字則宗!!」  アーチャー「本来は加州清光だったそうだがな」  No.7 「令の場合」  令    「なるほど、隠し味にそれは意外だったなぁ……」  アーチャー「よければ試してみるといい。その代わりといってはなんだが……」  令    「オーケー、お菓子作りはキッチリ教えるよ」  No.8 「江利子の場合・1」  アーチャー「投影、開始」  江利子  「興味深いわ」  No.9 「江利子の場合・2」  アーチャー「さすがに恐竜は投影できん」  江利子  「ちっ」  No.10 「志摩子の場合・1」  アーチャー「……辛い物は好きかね?」  志摩子  「は?……いえ、あまり」  No.11 「志摩子の場合・2」  アーチャー「確かに和食は得意分野だが、銀杏料理を毎日作れるほどではない」  志摩子  「この際何でも構いません。なんなら銀杏ケーキでも……」  アーチャー「私が嫌だ」  No.12 「聖の場合」  聖    「いやー、思わぬところで家政夫が手に入ったね」  アーチャー「堂々と口に出すんじゃない、マスター」  聖    「あ、下着は手洗いでよろしく〜」  アーチャー「……君は本当に女学園出身か?」  No.13 「乃梨子の場合・1」  アーチャー「投影、開始」  乃梨子  「こ、国宝級の仏像が山ほど……!!」  アーチャー「贋作だがな」  乃梨子  「所持できるだけでも満足」  No.14 「乃梨子の場合・2」  乃梨子  「でもこれ、やたらに軽いんだけど」  アーチャー「中はがらんどうだからな」  No.15 「瞳子の場合・1」  アーチャー「…………」  瞳子   「どうなさったんですの?」  アーチャー「いや、その髪型が何かに似ているのだが……」  No.16 「瞳子の場合・2−1」  アーチャー「ああ、昔の知人に似たような髪型の女性がいたな」  瞳子   「まあ、どんな方ですの?」  アーチャー「君と同じく上流階級の出自で、口調も君のように上品だった」  瞳子   「悪い気はしませんわね」  アーチャー「そしてプロレスに造詣が深い」  瞳子   「何者ですの?」  No.17 「瞳子の場合・2−2」  アーチャー「ああ、これか。投影、開始」  瞳子   「だからこれはドリルではありませんわ!!」  その手に輝く偽・螺旋剣。  No.18 「可南子の場合・1」  アーチャー「つかぬことを訊くが……」  可南子  「何?」  アーチャー「目隠しをしたまま歩けるかね?」  可南子  「無理」  No.19 「可南子の場合・2」  アーチャー「では、ストーキングの心得があったりは?」  可南子  「なぜそれをっ!?」
あとがき というわけでなんとなく書き上げたマリふぁて。 とりあえずサーヴァント9人全員書きたいところなのですが、 極端にネタの出にくいヤツもいるので、どうなるかはわかりません。 そもそも一発目がアーチャーだったのも、ネタが一番出しやすかったから。 次回は、セイバーか小次郎あたり予定しています。 web拍手です。
SS一覧へ インデックスへ