小ネタ詰め合わせ


「わんこそば」  TV『××県○○市でわんこそば大会が開催されました……』  真人「わんこそばか……一回やってみてぇよな」  謙吾「そうだな……どれだけ食えるか興味はある」  理樹「二人なら結構いい記録でそうだよね」  恭介「文化祭で提案してみるか。意外とイケるかもしれないぞ」  来ヶ谷(クドリャフカ君(わんこ) + そば = おわんの中でわふー!)  来ヶ谷「ぶっはぁ!!」  葉留佳「うわ、姉御がいきなり鼻血噴きましたヨっ!?」  来ヶ谷(これは……イイ!)  〜後日談  来ヶ谷「恭介氏。学園祭でのわんこそば大会、全面的に協力しよう」  恭介「ん?ああ、そりゃありがたいが……」  来ヶ谷「それでだ。マスコットキャラとしてクドリャフカ君をだね……」  「笹だんご」  謙吾「よう」  恭介「ん、なんだその段ボール箱は」  真人「食い物か?」  謙吾「違う……と言いたいが今回ばかりはその通りだ」  鈴「笹だんごか」  謙吾「実家から送ってきたんで、差し入れだ」  真人「よっしゃーーーー!!食い尽くすぜーーーー!!!」  恭介「今夜は笹だんごフィーバーだぜ!!イヤッホーーーーイ!!」  鈴「どんだけ好きなんだこいつら」  理樹「いいの?謙吾」  謙吾「構わんさ。一人じゃ到底食い切れんしな。ああ、鈴。少し女子寮にも持っていくか?」  鈴「そうする」  謙吾「って……お前ら、いきなり全部笹を剥こうとするな!!」  鈴「笹だんごか……」  鈴(笹瀬川佐々美 + だんご = 笹を剥いた瞬間『お〜っほっほっほ!』)  鈴「うう……」  謙吾「どうした、鈴?」  鈴「なんか、食欲がなくなってきた……」  恭介「具合でも悪いのか?無理はするなよ」  鈴「くちゃくちゃこわいぞ……笹だんご」  理樹「?」 「早口言葉」  真人「おいクー公、『胃にょ中』って十回言ってみな」  クド「はい!胃にょ中、胃にょ中、胃にょ中、胃にょ中……」  真人「で、俺は?」  クド「井にょ原さんですっ!」  真人「はっはっはー!ひっかかったなクー公!オレは『井ノ原』だぜ!」  クド「わふー!?なにやらちょっと可愛らしい井にょ原さんが出来てしまいましたっ!」  恭介「平和だな……」  謙吾「ああ……」  理樹「あれに引っかかるのはクドだけだって突っ込もうよ二人とも……」 「色々混ぜてみよう」  真人「最近、赤い槍が使いたくてしょうがねえんだけどよ」  理樹「声が変わらないと治らないねそれは……」  謙吾「俺も最近、『投影、開始』とか『体は剣で出来ている』とか言いたくなるんだが」  理樹「言われてみれば似てるかな……」  鈴「あたしは最近、なんだか宝石が欲しくなる」  理樹「お願いだから鈴はそのままでいてよ……」  恭介「理樹……今まで隠していたが俺は、     セインガルドの客員剣士で仮面かぶったストーカーで     湘北のバスケ部レギュラーで人造人間で     ガンマ団総帥の息子でバビロン真拳の使い手で     ボクシング部所属のペルソナ使いでスタンド持ちの吸血鬼で     ブラックロッジの大導師で蒼の派閥の召喚士で     ファイアーボールのアートマ印を宿していて     はぐれ人形遣い純情派で元ロックシンガーの電気工だったんだ(ここまでノンブレス)」  理樹「多すぎてわけわかんないよ恭介!!」  真人「あと、Piaキャロット二号店でバイトしたくなっちまったんだが」  理樹「いや……いくらなんでもゴツすぎるんじゃないかな」 「発売前情報」  真人「そういやあ、クド公は発売前に『吸血鬼じゃないか』なんて言われてたよなぁ」  クド「そうでしたか?」  謙吾「もっとも、蓋を開けてみれば吸血鬼どころの話じゃなかったがな」  真人「だな。クド公、もっと筋肉つけなきゃダメだぜ」  クド「わふー!さりげなく弱キャラ扱いされてしまいましたっ」  恭介&唯湖(吸血鬼か……)  〜恭介の吸血鬼のイメージ〜  クド『最高にハイってやつなのですっ!』(←頭グリグリ)  〜唯湖の吸血鬼のイメージ〜  クド『ぶち殺しますよ、人間(ヒューマン)!!』(←血ィダラダラ)  恭介「怖ぇーーーよ!!」  唯湖「……これはこれで、いいかもしれん」  理樹「何を考えたのさ二人とも……」  〜おまけ・葉留佳の吸血鬼のイメージ〜  クド「げっとまいれいじ!げっとまいれいじ!でもんくれいどるー!」  葉留佳「……勝てなさそうですネ」  クド「ひどいですっ」 「至宝」  謙吾「さあ、楽しい楽しい夕食の時間だな!」  真人「なんだ?やけにテンション高ぇじゃねえか謙吾」  謙吾「おうとも。なにしろようやく手に入ったのだからな」  理樹「そういえば午後からどこか行ってたけど……」  謙吾「ああ、ついに俺は手に入れた……リトルバスターズジャンパーと並ぶこの至宝……」  謙吾「この……『のりたま』を手に入れたのだぁぁぁぁぁぁっ!!!!」  鈴「ばかだろ。ぜったいばかだろ」  理樹「謙吾には謙吾なりの思い入れがあるんだよ、鈴……」  謙吾「いっただっきまーーーーーす!!!」  理樹「恥ずかしいなぁ……」  恭介「今回ばかりは、他人のふりをしたくなってきたぜ……」  謙吾「うまい!!うますぎる!!よし、おかわりだ!!」  真人「おい謙吾、オレにもちょっとよこせよ」  謙吾「嫌だ」  真人「へ?」  謙吾「たとえ相手が理樹や鈴でもこれだけは少しもくれてやるわけにはいかん!」  真人「どんだけのりたまに執着すんだよオメーはよ……」  謙吾「のりたまひゃっほーーーーい!!!さらにおかわりだっ!!」  〜で、翌日の朝。  理樹「おはよう、恭介」  恭介「ああ、おはよう……謙吾はどうした?」  真人「食いすぎで腹こわしたんだとよ……」  恭介「まあ、10杯以上も食えば当然だな……」  鈴「やっぱりあほだな」 「謙吾とみゆき」  謙吾「なあ、恭介」  恭介「なんだ?」  謙吾「なぜ俺と古式は、最近周囲にカップルのように扱われているんだ?」  恭介「え?だってお前のストライクゾーン直球ど真ん中だろ古式は」  謙吾「好みの容姿であることは認めるが、だからといってすぐ付き合うわけでもないだろう。     大体、彼女には最近、許婚が出来たらしいからな」  恭介「そうなのか?」  理樹「ほんとにあるんだ、そういう話」  小毬「お相手はー?」  謙吾「彼女もその許婚が誰かは知らないらしいが……武道の家の跡取りらしい。     それでも、彼女はそれを受け入れたそうだ」  小毬「受け入れちゃったのー?」  謙吾「詳しいことはよくわからんが……彼女がそれでいいというならそれでいいんだろう」  理樹「謙吾……」  謙吾「まあ、そういうわけだ。俺と古式がつきあうことはない」  小毬「お似合いなのにー」  恭介「まったくだぜ……」  謙吾「そう言ってくれるのは嬉しいがな……複雑だよ」  数年後、謙吾の結婚式にて。  謙吾「みゆきの許婚が……俺だったとは……」  理樹「っていうかどうして当事者の謙吾が知らなかったのさ……」  謙吾「親父もお袋も驚かせようと黙っていたそうだ……。     確かに驚いた……驚きを通り越して怒りに変わるほどにな。     本気で親父と剣を交えたのは生まれて初めてだった……」  理樹「うわぁ……」  謙吾「できることなら、こんなきっかけで父を越えたくはなかった……」  理樹「勝っちゃったんだ……」  謙吾「しかも……」  理樹「まだあるの?」  謙吾「プロポーズの言葉を……両親始め親族一同に録音された……」  理樹「それは……キツイね……」  謙吾「だろう……?」  鈴「で、おまえ結婚するのいやなのか?」  謙吾「イヤッホーーーイ!!俺の人生バラ色だ!!わっしょい!!わっしょい!!」    理樹「めちゃくちゃ嬉しいんだね……」  鈴「すなおによろこべ、あほ」
あとがき そばと笹だんごはホントにそれを食ってる時に電波が降りてきました。 真人の公式絵を見たとき、ぱっと思ったのが『Piaキャロ2の主人公に似てる』でした。 その後ゲームで立ち絵を見たら『でかっ!!?』と驚きました。 公式絵だとそんなにマッチョに見えないんだよ……ガッシリした体格程度でさ。 あと、某スレでの公開時、古式の名前を普通に『ゆかり』と間違えていました。 誰だよ、ゆかり。 当時らきすたにハマっていたのでそのせいです多分。 謙吾の父親は、恭介に負けて以来割とはっちゃけてるという設定です。 で、親族引き連れて謙吾のプロポーズ現場で待ち伏せた、と。 なんて親子だ。つーか、自分で書いててなんですがンな父親イヤですネw
SS一覧へ インデックスへ